bayshuttle

特集記事

観光

神戸を訪れる外国人に是非活用してほしい!ICT技術を用いた多言語案内「Smart guidance」

2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックなど、世界的に注目されるイベントの日本開催が近づき、訪日外国人の数は着実に伸び続けています。 そして昨年開港150年を迎えた様々なイベントが行われていたここ神戸。訪れる外国人観光客も増加する中、昨年の10月から、市内に設置されている歩行者案内図に外国人観光客を対象とした利便性の高い新たな機能が追加されているのをご存知でしょうか。

インバウンドニュース

2017年の訪日クルーズ旅客数が過去最高となる見通し

国土交通省港湾局が毎月中旬に公表している訪日クルーズ旅客数の概数(速報値)によると、2017年 1月~11 月までのクルーズ船寄港回数は前年同期比 1.37 倍(2,604 回)となった。訪日クルーズ旅客数も 10 月までの集計で217.5 万人(前年同期比 1.26 倍)に達し、10月の時点で既に昨年(2016年)の年間旅客数を上回っており、 過去最高となる見通しだ。

サブカルチャー ライフスタイル

【知りたい!神戸のサブカルチャー】#1

Ichiban KOBEの新カテゴリーとして、ここでは「神戸のサブカルチャー」をご紹介することになりました! これから取材やナビゲートを担当することになったのは、神戸いちちゃん、真面目にサブカルを学びたがっている高校1年生です。 国内外の市場を賑わしている日本のサブカルチャー。訪日外国人のインタビューでは来日のきっかけが日本のアニメや漫画という方はすごく多いし、Ichiban KOBEのネタにはピッタリなんじゃ…?ということで、いちちゃんの活躍に期待してみましょ~。

パン屋巡り フード

#2 第3回 神戸パン祭り

今回の「白犬ブブさんの神戸パン散歩」は、2回目にして早くも番外編です!ブブさんはお友達のトイプードル、ペペさんと一緒に10月21日(土)、神戸朝日ビル1階ピロティで開催された「神戸パン祭り」に出かけたみたいですよ。

インタビュー フード ライフスタイル

カカオものCollection2017 〜日本初!チョコレートとチョコレート雑貨の競演〜

11月23日(木・祝)〜26日(日)の4日間、神戸北野にてこれまでになかった新型のチョコレートイベント(入場無料)が開催されます。テーマは「大人の嗜みとしてのチョコレート」。チョコレートを楽しむためのワークショップの開催や、なかなか手に入らないチョコレートの試食販売、選りすぐりのチョコレート雑貨やチョコレートに関するアート作品を約500種類以上展示販売。まさにチョコレート尽くしの複合型イベントです!

インタビュー ミュージック

Maya(Singer)×Ichiban KOBE

Ichiban KOBEスペシャルインタビュー@トアウェスト三四公園 日本全国、そして世界に誇れる神戸エリアのイチバンを紹介するこのインタビュー。 今回は神戸出身、1か月ほど前にNew Yorkから神戸に帰国してこられたシンガーのヨシダマヤさんのスペシャルインタビュー。 8年に渡るNew Yorkでの生活、歌うということの意義など、リラックスしたムードの中でお伺いしました。話の中でマヤさんが口にされていた「感謝の気持ち」という言葉がとても印象的でした。

パン屋巡り フード

#1 イスズベーカリーのハロウィン・パン

「白犬ブブさんの神戸パンさんぽ」は、神戸在住の白犬ブブさんが散歩中に見つけたパン屋さんの美味しいパンを気まぐれにユルくご紹介します。 記念すべき第1回目は、神戸っ子なら誰でも知っている老舗の人気店「イスズベーカリー 元町店」のパンをご紹介します。 10月はハロウィン!ということで、ブブさんはイスズベーカリーで面白いパンを見つけたみたいですよ。今回は4種類のハロウィン気分が味わえるパンをご紹介します。

インタビュー ファッション

Kento Utsubo(Makeup Artist)× Ichiban KOBE

Ichiban KOBE fellowsスペシャルインタビュー@メリケンパーク 日本全国、そして世界に誇れる神戸エリアのイチバンを紹介するこのインタビュー。 今回は神戸出身、現在New Yorkでメークアップアーティストとして活躍されているウツボケントさんのスペシャルインタビュー。ファッション業界という感度の高いお仕事をされているケントさんならでは視点で、KobeとNew Yorkの魅力、そして2つの都市の違いなど色々とお伺いしました。

インタビュー ミュージック

Ichiban KOBE MUSIC Interview 神戸VARIT.(ライヴハウス)× Ichiban KOBE

三宮エリアの中心で13年間、非常に強い個性と斬新なコンセプトで神戸の音楽シーンをけん引し続けるライヴハウス「神戸VARIT.」。 神戸発の音楽、ミュージシャンを全国へ、そして世界へ発信していくという神戸VARIT.さんの思いは、神戸のIchibanを発信し続けている、私達Ichiban KOBEと全く同じ。 マネージャーの南出 渉さんと、ディレクターの上野 綾奈さんに、神戸VARIT.の歴史、コンセプト、スタッフの思い、これからの展望をお話いただきました。